キーボードカバーでMacbook 12インチの汚れを予防した

ガジェット

どうも、伊勢ユーキです。

今回、Macbook 12 インチのキーボードの経年劣化を予防するために、キーボードカバーを購入したのでレビューしたいと思います。

『Crystal Guard 』のここが良い
  • Macbook 12 インチにぴったりの装着感
  • カバーをつけても、 Macbook のデザインを損なわない
  • バタフライキーボード特有のパチパチ音を小さくできる

Crystal Guardとは

ノート PC のキーボードはずっと使い続けると手の脂などで劣化していく。

そんな劣化を予防するために、Macbook 向けのキーボードカバーとして、『Crystal Guard』を購入しました。

Amazon で購入したけど、こんな感じで厚紙で保護された状態で届きました。

開封すると、黒とクリアのカバーが2つセットになっている。

黒いカバーはこんな感じで Macbook のキーボードそっくりに作られている。

ちなみに、パッケージに記載の製品名は『Crystal Guard』だが、Amazonでは別の名前で売られていた。

Macbook 12 インチにぴったりの装着感

Macbook 12 インチはバタフライキーボードを採用している。

バタフライキーボードとは

Apple が極薄ノートブックを作るために開発したキーボード。ストローク長がおよそ 0.5 mm 程度しかない

バタフライキーボードはストロークが浅くてひっかりが少ないので、すぐにカバーが外れるかもと思った。

しかし、実際につけてみると、案外しっかりと張り付いてくれた。

カバー装着前
カバー装着後

一つ一つのキーに対してぴったりハマるように精巧に作られたカバーで、使用中にカバーがズレたりはしない。

Amazon のレビューを見るとサイズが合わないとか使用中にズレるというレビューが散見されたが、僕が購入したものはぴったりだった。

もしかしたら個体差があるのかも?

Macbook のデザインを損なわない

キーボードカバーをつけると、せっかくの Macbook のデザインが台無しになる懸念がある。

しかし、『Crystal Guard』は Macbook のキーボードのデザインにそっくりに作られており、装着してもデザインを損ねることがない。

比較としてキーボードカバー(黒)の脱着前後の比較を載せる。

キーボードカバーをつけていない状態
キーボードカバー(黒)をつけた状態

このように、黒いキーボードカバーは、ぱっと見では装着していることがほとんど分からない。

一方、付属していたクリアキーボードカバーは、装着するとキーボード全体が曇った感じになってしまう。

キーボードカバー(クリア)をつけた状態

Macbook をそのままのデザインで使いたい場合、実はクリアより黒いキーボードカバーがオススメ!

バタフライキーボード特有のパチパチ音を小さくできる

バタフライキーボードは、打鍵時に特有のパチパチ音がするが、キーボードカバーを付ければその音を小さくできる。

自分の打鍵音が気になる人は、打鍵音を小さくする目的で使ってみてもいいかもしれない。

まとめ

Macbook のデザインを損なうことなく、機能性も良い素敵なキーボードカバーだと思う。

いつまでもピカピカの Macbook を使いたいので、キーボードカバーでしっかりと保護したいと思う。

Amazon で Macbook 12 インチ用のキーボードカバーをチェックする

タイトルとURLをコピーしました